本高砂屋の甘さ控えめの銅鑼焼きです

  • 私が実際に食べました。餡子に黒胡麻が練りこんであり美味しいです。是非ご試食してみてはいかがですか?
    高砂黒銅鑼 1個

    高砂黒銅鑼 1個
    価格:157円(税込、送料別)

リンク集

日本のワールドカップが終わった・・・

早朝5時、サッカー日本代表はグループリーグC組最終戦でコロンビア代表と試合を行いましたが、結果は1-4で惨敗。

グループリーグC組で最下位に終わり、日本のブラジルワールドカップが終わました。

あまり言いたくないけど、今大会を振り返ると「屈辱」の一言に尽きると思います。

初戦のコートジボワール戦で逆転負けしたのが全てかな。

続くギリシャ戦も相手の退場で1人少ない状況を生かせず0-0で引き分け。

今回のコロンビア戦も主力を8人温存し、終盤は控えのGKを交代を代えてくる屈辱を味わった。

完封無きまでに叩かれ世界との差を見せつけられた試合でした。

点を取られると立て続けに取られるパターンが多く、監督自身も采配ミスを認めるなど、やることが全てうまくできなかったというのが今大会を振り返って率直に感じた。

結果は残念だったが選手たちには「お疲れ様でした」と言ってあげたい気持ちです。

朝早くから起きて応援したサポーターの方も、お疲れ様でした。

4年後はロシアでワールドカップが開催されます。

この悔しさをバネにして、4年後は雪辱を晴らしてほしいなと思います。

ギリシャ戦は痛恨のドロー

朝7時、サッカー日本代表はギリシャ代表と試合を行いましたが、結果は0-0のスコアレスドロー。

前半に相手の選手が2枚目のイエローカードを貰い、退場になり数的有利になりましたが最後までゴールを奪えませんでした。

これでグループリーグの最終戦は25日(日本時間午前5時)コロンビア戦に勝つことが絶対条件になってきた。

以下の条件が必要だ。

①日本がコロンビアに勝ち、ギリシャがコートジボワールに2点差以内で勝った場合、日本とギリシャが勝ち点4で並んでも日本が得失点差で上回る。

②日本がコロンビアに2点差以上で勝ち、コートジボワールとギリシャが引き分けに終わった場合も日本とコートジボワールが勝ち点4で並ぶが、得失点差で日本がコートジボワールを上回る。

条件は厳しいが、日本の誇りを胸に最後まで全力を出し切ってほしいと願うばかりです。

【速報】ワールドカップ 日本vsコートジボワール

初戦のコートジボワール戦。

日本代表は1-2で惜敗しました。

先制点は前半16分、スローインからのセットプレイで本田のゴールで先制し前半を終えて日本がリード。

後半途中までは日本のペースだったが相手の絶対的エース、ドログバが投入されてから試合の流れが大きく傾きました。

直後に同点にされ同点から2分後に逆転されてしまった。

同点にされてから、選手たちの足がバタッと止まった感じにみえてしまった。

グループリーグは残りギリシャ戦とコロンビア戦。

ここまでくると残りの2試合を2連勝をしないと予選突破は厳しくなってきたかなという感じに思えた。

下を向かずに次の試合に向け、気持ちを切り替えていくしかないと思います。

明日はサッカーW杯本大会のメンバー発表の日

いよいよ明日はサッカーW杯本大会の日本代表メンバー発表の日だ。

毎回、サプライズがあるメンバー選考。

今回もあるのかな?

個人的には大久保選手が選ばれるかどうかを注目してる。

昨年Jリーグ得点王。今シーズンもJリーグ日本人選手の得点ランキングトップなので選べれてもおかしくはないはず。

運命の日は12日午後2時から発表される予定。

さあどうなることやら?

サッカー界を揺るがす人種差別

3月8日(土)に行われたJ1リーグ第2節。
浦和レッズvsサガン鳥栖の試合で、一部の浦和サポーターがゴール裏へ入るゲートに
「JAPANESE ONLY」と書かれた横断幕が掲げられた問題について先日処分が発表された。

処分は以下の通り。

1.3月23日(日)の浦和でのホームゲーム、清水戦は無観客試合。

2.今回の差別段幕の掲示を行ったサポーターグループに対する無期限の活動停止と入場禁止処分。

3.今後のリーグ戦、カップ戦ともにホーム、アウェイを問わず浦和レッズのファン・サポーター全員に対し、すべての横断幕、ゲートフラッグ、旗類、装飾幕等を禁止

このように重い処分が発表されました。

もちろん無観客試合はJリーグ初の出来事。

これを聞いて非常に残念で悲しい気持ちになった。

僕はよくJリーグの試合を見に行き、友人・知人を誘って見に行ったこともあります。
年齢・性別・国籍に関係なくJリーグは誰でも気軽に見に行け、かつ安全でサッカーを楽しめるスポーツイベントです。

当事者は「差別的な意図はなかった」とコメントしてるが、「それならいったいどんな意図で掲示したの?」って聞きたい気持ちだ。

ファン・サポータも辛いことだが、やってる選手達も気の毒に思う。

Jリーグ側が今回の問題をきちんと認識して迅速に対処した事は個人的に評価したいと
僕は思います。

処分の内容は賛否ありますが、今後は二度とこういう問題がなくなることを切に願い
たいです。

ソチ五輪 羽生選手が金メダル獲得!

男子フィギュアで羽生結弦選手が金メダルを獲得しました。
今大会、日本選手初の金メダル。男子フィギュア界では初の金メダル獲得です。

おめでとうございます!

ショートプログラムで歴代世界最高得点を出し、フリープログラムではジャンプでの転倒などあったが、ショートプログラムでの得点やライバル選手の成績が伸びなかったこともあり逃げ切って栄冠を勝ち取りました。

五輪も後半に突入したが、終了までどれくらいメダルを取ることが出来るか楽しみです。

【速報】マー君 ヤンキースと契約合意

マー君の移籍先が決まったみたい。

ニューヨーク・ヤンキースと合意したらしい。

7年で総額1億5500万ドル(約161億円)の契約。

25歳にしてこの大金とは恐るべし!

J1リーグ 優勝は最終節に持ち越し

サッカーJ1リーグの第33節が行われ、勝てば9年ぶり優勝の横浜が0-2で新潟に敗戦。前節2位だった浦和が鳥栖に1-4で敗戦し、優勝争いから脱落。

3位広島が湘南に1-0で勝利。4位鹿島がセレッソに1-2で勝利。

この結果最終節まで優勝の可能性があるのは横浜・広島・鹿島の3チーム。

 第33節終了した時点の順位は以下の通り。

       勝ち点    得失点差

  1.横浜   62     +19

  2.広島   60     +20

  3.鹿島   59     +10

3チームの最終節の対戦カードは

  川崎 - 横浜 (等々力)

  鹿島 - 広島 (カシマ)

試合開始は全試合15時半開始。

3位鹿島は勝って横浜が敗退で勝ち点は並ぶが得失点差で9差あるので9点差以上の勝利が必要。計算上優勝の可能性はあるが9点差の勝利というのが不可能に近い。

となると横浜と広島の一騎打ちの様相。

2位広島は勝ちが絶対条件、なおかつ横浜が引分け以下で優勝。

そして唯一自力の優勝が可能な首位・横浜。

勝てば文句なく優勝。しかし引分け以下だと異なる。

そうなるとこうなる。横浜を基準にして。

横浜 ○ → 横浜優勝(広島の結果に関係なく)

横浜 △ 広島○ → 広島優勝(勝ち点で並ぶが得失点差で広島が上回る)

横浜 △or● 広島 △or● → 横浜優勝

横浜 ● 広島○    → 広島優勝

何か最終節で予想だにしない結末(アディショナルタイムで何かある?)が待ってるんじゃないのって予感がする。

結末はサッカーの神様のみぞ知るとしておこう。

楽天イーグルス 創部9年目での日本一

プロ野球・日本シリーズ第7戦が仙台で行われ楽天がーで巨人を下し、通算4勝3敗で日本一になりました。

楽天は球団創設初の日本一。

楽天・星野監督にとっては4度目の挑戦で悲願の日本一。

今年の日本シリーズは、どの試合も見ごたえのある試合でした。

第6戦は巨人が勝って3勝3敗で逆王手になり、最終戦はどっちに勝利が転がるんだろうかとワクワクしました。

流れは巨人、楽天は前回の前を引きずらず、気持ちをいかにして望めるかがカギになると予想。

最後の9回、マウンドには田中将大投手が上がりました。

リーグ優勝、日本シリーズ進出の胴上げと、まさに1年間チームを牽引してきた絶対的エース。

今年1年大活躍した田中投手に星野監督は最後は託しました。

この日本一は東北の皆さん、震災で苦労している被災者の方たちにとっても勇気、希望を与えてくれたことだと思います。

僕のなかでも歴史に残る日本シリーズになったと感じました。

東北楽天のみなさま日本一おめでとうございます。

プロ野球クライマックスシリーズ 下克上なるか?

プロ野球クライマックスシリーズ ファイナルシリーズのセ・リーグ、パリーグの組み合わせが決定した。

セ・リーグ

巨人(セ・リーグ優勝)vs広島(パ・リーグ3位)

パ・リーグ

東北楽天(セ・リーグ優勝)vs千葉ロッテ(パ・リーグ3位)

リーグ優勝と対戦するのはいずれも各リーグ3位のチームだ。

リーグ優勝チームは本拠地で全て試合があり1勝のアドバンテージがあります。

クライマックスシリーズは短期決戦で、チームの勢いも左右されるので優勝チームでも油断はできない。

それにしても千葉ロッテは短期決戦には非常に強い印象がある。2010年の時も3位から日本一まで上り詰めたので、3年前の再現がなるか?

広島も勢いに乗り、リーグ2位阪神を破ってファイナルシリーズにまで進んだのは見事だと思います。

初戦は恐らく各チームのエース級をぶつけてくると思います。

そこで勝利し勢いをもっていくのかが勝敗を左右すると思います。

日本シリーズに進出するのは、どこのチームか楽しみです。

その他のカテゴリー

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

みんなのブログ

  • J1・J2リーグ順位
  • 沢山のユーザが開設してるブログを紹介
無料ブログはココログ